ブランドデザイン : 株式会社折紙 / ORIGAMI INC. | 沖縄 – 東京

2022-01-08

2022年ですね。

 

昨年も大変お世話になりました。

この場だけでの御礼の挨拶となる不作法、ご容赦ください。
これを書いているそばから“過去最多”などのニュースも見聞きしまして、
新年恒例の「おめでとう〜」の語源にも諸説ありますが
他の言葉を置いた方が良いような気がし、何となく控えさせていただきました。

何かを成し遂げた人や獲得した人、授かった人に対して「おめでとう〜」はもちろん素直で素敵な気持ちだと思います。

2019年末には到底考えも及ばない世界が展開し、何らかの社会意識が醸成され、早3年目となります。
少し遡って2020年2月に東京へ出張した際、渋谷の天ぷら屋にふらりと寄ってカウンターで過ごしていました。
リクルートスーツを着た落ち着かない風の若者が近くに座ったので話し掛けたところ、彼は国立大学の4年生とのこと。
聞くとその日は、某大手旅行会社の最終面接がうまく行ったので“自分へのご褒美”として背伸びして天ぷら屋の暖簾を潜ったのだと。
こういうの面白いじゃないですか。

2時間ほど言葉を交わして僭越ながら前祝いとしてご馳走したのですが「世界は大きく変わりそうだよ」ということはメッセージしました。
その晩からしばらく、隣り合った彼からのメールには、
天ぷら屋のお礼と旅行会社への応募を辞退した旨が綴られていました。

良かったのか、そうではなかったのか未だに分かりませんが“ご縁”だったと言うことでしょうか。

さて今年は「何か仕掛けたる!」的な野望めいた所信は特に無いのですが(例年ですが)「多分この辺だな」という感触はあり、
また1年マイペースで歩んで行ければと思っています。どんな世界であろうと見届けてみたい好奇心は健在です。

皆さまにとって、深みある2022年となりますことを(振り返ればでも結構)。
どうぞご健康でリラックスしてお過ごしください。
本年も何卒よろしくお願い致します。

そして2022年を、この世界を大いに見届けてやりましょう。

 

 

others

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA